査定を行う

お札

商品としての加工費は一切査定には加算されない為買った時の金額より大幅に安い金額しか提示されないわけです。
でも安い理由はそれだけではないのです。

銀などの貴金属を買取もらう為に持って行った際多くの業者はネゴが入る事を見越してあらかじめ相場より安い金額を言っているのです。
その為にさらに買った時よりも大幅な金額の差がでてしまうのです。
でも相手もプロなので1点持ち込んだだけではそう簡単に交渉の余地はありません。
高く買い取ってもらうコツそれはプラチナなど高い貴金属と一緒にできるだけ多くの数を持って行く事です。
銀単体で持って行っても交渉の幅が限られてますがプラチナなど高額な商品を出来るだけまとめて持ち込む事で交渉できる金額に大きな幅が出来て交渉次第では大幅に金額を上乗せして買い取ってもらう事ができます。

銀を高く売る極秘テク

リング

銀をはじめとした貴金属を買取に出しても満足な金額で買い取ってもらえない事も多々あります。
リサイクル店なども含め「高額で買い取ります」を謳い文句にしている店舗は多数見かけますが業者の本音はできるだけ安く仕入れたいのが本音です。
でも銀も含め貴金属を高い金額で買取りしてもらう方法は何通りかあります。

今回はそのうちの一つをお伝えします。
そもそも貴金属を売る際になぜ買値より大幅に安い金額を提示されるかと言いますと、買う際は貴金属の原材料費に加えて材料を商品化するために加工する加工賃が足されて商品として販売されています。
では売る際はと言うと原材料の重さを量りそれをグラム単価でかけた金額で買取金額を提示されます。

銀を高く売るためには

貴金属

貴金属を買取してもらえる店は多く、貴金属以外の物も取り扱っている店もあれば貴金属を専門で取り扱っている店もあります。
銀の買取を行っている店も多く存在しますが、同じ時に同じ銀を買取してもらう場合でも店によって価格が違っています。
なので店や銀を売る時期によってもその価格は変わってくるのです。

同じ時期に同じ銀を買取するにしても店によってその価格が変わってくるのは店の事情もありますが、その時の銀の相場大きく影響してしています。
これは金など他の貴金属にもあることで価格の平均はその時によって違ってきます。
レートは毎日変動するもので今のレートが一番高い時だと言いきれるものではありませんが、今が過去と比べてレートが高い時なのかそれともレートが低い時なのか判断することはできます。
売る時はレートが高い時の方が高く売れるので良いですが、逆に買う時はレートの低い時の方が安く買うことができます。
レートの変動は世界の経済状況に大きく影響をうけます。
株式や為替に対する不安が高まった時に資金が実物資産に流れて貴金属のレートが急上昇することがあるでしょう。
銀を少しでも高く売るためには銀のレートを把握することはもちろんですが、レートが上がりそうな状況ならばすぐに売ってしまわず売り時を見極めることが必要です。
また多くの店を回って同じ時でも一番高く買取をしてくれる店を選ぶのも大切なことです。
店を回るのも交通費などがかかったり、手間もかかるので無料で出張買取をしているところも多いのでそういったサービスを利用するのも良いでしょう。

サイト内検索
注目の記事
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031